スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TS(GID)の内分泌治療:治療レシピ,結果,副作用:背景 

TS(GID)の内分泌治療:治療レシピ,結果,副作用:背景
 
Endocrine Treatment of Transsexual People*: A Review of Treatment Regimens, Outcomes, and Adverse Effects
TS患者*の内分泌治療: 治療の組み合わせのレビュー,結果,有害反応のレビュー
TSの内分泌治療:治療レシピ,結果,副作用(短縮タイトル)
 
EVA MOORE, AMY WISNIEWSKI, AND ADRIAN DOBS
 
J Clin Endocrinol Metab 88: 3467–3473, 2003
http://press.endocrine.org/doi/abs/10.1210/jc.2002-021967
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12915619
http://press.endocrine.org/doi/pdf/10.1210/jc.2002-021967  free
 
要約 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-579.html
 

背景
 
内分泌科医はTS患者の管理についてコンサルタントを受けます。
 
反対の性ホルモンの治療は,望む性での生活にとって成功するのに望まれます
 
内分泌治療は,身体と性同一性の間の二律背反から,幾分救いとなるようです。
 
理想的には,このトランスは,速く,完全であるべきです。
 
しかし,性ステロイドのリスクは現実のものです; 従って医療提供者は,医学的リスクと,患者の心理的必要性との,バランスのジレンマに直面します。
 
TSの有病率は,おおよそ,男性で,1 人 11,900 人中,女性で,30,400 人中 1人です。
 
HBIGDAのSOCはTS患者のガイドラインとして提唱されています。
 
しかし特別の,ホルモン治療のレシピ,長期管理は,依然困難です。
 
結果として,多くの医師は,観察報告や,逸話的な報告を,治療の指標にしています。
 
このレビューは,MTF(M→F)とFTM(F→M)のTS患者の内分泌治療を考察します。
 
私たちは,反対の性ホルモン治療の特異性を示し,それらの治療の合理的な期待効果,一連の治療の短い考察を行います。
 
私たちの意図は,TS患者の内分泌ケアのガイドとなる理論的根拠を提供することです。



スポンサーサイト

Comments

はじめまして
ブロク村からお邪魔しております。
専門ではありませんが、
GID関連の文献を読み漁るのが好きな自分にとって、
とても有益なブログです。
今後も更新を期待しております。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://morisitaazami.blog.fc2.com/tb.php/580-e6dc259b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。