スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性転換症の内分泌学的治療の臨床ガイドライン:GRADE,目次 

性転換症の内分泌学的治療の臨床ガイドライン:GRADE,目次
 
 
性転換症の人の内分泌学的治療:内分泌学学会の臨床プラクティス・ガイドライン:GRADE,目次
 
 
性転換症の人の内分泌学的治療:内分泌学学会の臨床プラクティス・ガイドライン
Endocrine treatment of transsexual persons: an Endocrine Society clinical practice guideline.
http://jcem.endojournals.org/content/94/9/3132.long
http://jcem.endojournals.org/content/94/9/3132.full.pdf  free
 
 
要約 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-16.html
背景 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-36.html
GIDの病因 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-39.html
 

証拠に基づいた臨床プラクティス・ガイドライン発展の方法(抄訳)
 

Grading of Recommendations, Assessment, Development, and Evaluation (GRADE) group(推薦,アセスメント,発展,評価のグレード付けグループ化)で,このガイドラインは作られていますが,GID治療に対する証拠は低く,グレードは非常に低い質の証拠(+1)と,低い質の証拠だけでした(+2)。


推薦に関しては,強い推薦を,No1,弱い推薦を,No2あるいは「示唆する」で表現しました。
 

これからの記載は複雑になるので,目次を私独自で作りました。
 

目次
 

1.0 診断手続き
 

2.0 思春期の治療
 

3.0 性転換症の成人のホルモン治療
 

4.0 有害結果の予防と長期間のケア
 

5.0 性別適合手術(SRS)
 
 
 
それぞれの項目について
推薦
証拠
価値感と優先
注意
などの記載が加わってとても複雑です。
 
 
 

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://morisitaazami.blog.fc2.com/tb.php/40-2de05546

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。