スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳性差の幻影:脳性差は未だ不確定1 

脳性差の幻影:脳性差は未だ不確定1
 

性差に関するトラブル
(短縮タイトル)脳性差の幻影
The Trouble with Sex Differences
 
Lise Eliot
 
Department of Neuroscience, Chicago Medical School, Rosalind Franklin University of Medicine and Science, 3333 Green Bay Road, North,Chicago, IL 60064, USA
 
Neuron. 2011 Dec 22;72(6):895-8.
 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22196326?dopt=AbstractPlus
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0896627311010439
このページからDownload PDF のアイコンをクリックすると運がよければ全論文がダウンロード出来ます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
要約 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-373.html
背景 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-377.html


参考論文
http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-372.html
http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-375.html
 

ヒトの脳の性差は依然充分には確定していない1
(短縮タイトル)脳性差は未だ不確定1(抄訳)
 
 
男女の脳の性差の神話は,現在利用できる膨大なデータを,考えると大問題です。
最近,PubMedで,脳,ヒト,性差で検索すると5600以上の論文がありました。
これらのリサーチからコンセンサスを得たものは少しです。
 

僅かの,男女の脳の構造の差は,明白に示され;男性の脳は,11%大きく,少しだけ,白質の比が多く,一方,女性の脳は,より大きい灰白質がほとんどの脳皮質で認められます(CBSニュースの記載は逆でした)。
 

成人の男性は,女性より,18%重く,9%背が高いです。
男子は同様に,体重と身長が大きいですが,7-8歳は例外で,その時,前思春期成長促進が男子より早く来て,灰白質の成長も同時期おきます。
 

他の,肝臓,心臓,腎臓などの臓器も,同じ程度の性差を示しますが,脳ほどは詳しく研究されていません。
結局,脳の性差は,体格の性差を反映しているかもしれません。
ーーーーーーーーーーーー
 

この全体的性差を別にして,特別の脳の構造の性差について確証するのがより困難です。
 

マスコミで広範に広まったのは,女性で脳梁が相対的に大きいと言う事です。
それは小規模の死後の研究(1982年)から始まり統計的に僅かの差の知見でしたが,サイエンス,タイム,ニューズウィーク,その他で広まりました。
49の研究のメタアナリシスで,脳梁の容積や,形に有意の差はなかったので,当初の報告は完全に否定された事になります。
 

しかし,女子の特別教育をうたう団体では,依然その主張を続け,女性のマルチタスク能力の説明に使っています。
http://www.girlslearndifferently.com
 

同様に,側頭平面(聴覚知覚に関与)は女性では,より対称性で,男性では非対称性という,しばしばなされる主張は,13の研究のメタアナリシスで有意差はありませんでした。
ーーーーーーーーーーーーー
 

より信頼できる性的二型性である前視床下部間質核第3亜核(INAH3)については,今や4つの研究所で確認されています,しかし,この小さな構造(1cmm)で,剖検の組織でのみ見られるものの,機能は依然明らかでありません。
 

MRIで明らかに見える構造のデータは大量です,しかし,非常に僅かしか,再現できず,確信に至りません。
 

信頼できる構造のデータと思われるのは,扁桃体,尾状核,眼窩前頭皮質の部分です,(これらに中にはある発達年齢しか性差がないものもあります),しかし,これら複雑な知見を述べるのは,この論文の範疇を超えます。




スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://morisitaazami.blog.fc2.com/tb.php/378-47b0e9ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。