スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSDの性腺摘出の心理的影響,DSDの履歴を開示 

DSDの性腺摘出の心理的影響,DSDの履歴を開示


GID治療に関するアメリカ精神医学会(APA)の専門委員会の報告
GID治療のAPA委員会報告(短縮タイトル)
Report of the american psychiatric association task force on treatment of gender identity disorder.
 

Byne W, Bradley SJ, Green R, Meyer-Bahlburg HF, ら
Arch Sex Behav. 2012 Aug;41(4):759-96.
http://www.springerlink.com/content/65145105t4000220/fulltext.pdf  フル論文


要約 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-193.html
略語,序文 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-197.html
実施要領と推薦 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-199.html
小児の概要(前) http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-205.html
小児の概要(後),推薦 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-206.html
思春期の概要(前) http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-207.html
思春期の概要(後),推薦 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-208.html
成人の概要(前) http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-209.html
成人の概要(後),推薦 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-210.html
性分化疾患の概要(前) http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-211.html
性分化疾患の概要(後),推薦付2 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-212.html
文献レビュー:小児GV http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-213.html
小児GV:無治療の結果 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-214.html
小児GV治療の目標と目的 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-215.html
小児GV:介入の種類 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-216.html
小児GV:結果の研究 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-217.html
小児GV:結論 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-218.html
思春期GVの文献レビュー http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-219.html
思春期GVの評価 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-220.html
思春期GVの精神療法,RLE http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-221.html
思春期停止の問題(前) http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-222.html
思春期停止の問題(後) http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-223.html
思春期GVの反対性ホルモン/SRS http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-224.html
成人GV,成人GVの関心事 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-225.html
成人GVの性移行の目標と結果 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-227.html
成人GV診断,精神評価,療法,健康 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-228.html
成人GVトランスの医学と精神健康http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-229.html
成人GV治療を支持する文献 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-230.html
成人GVの性別違和の治療効果 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-231.html
成人GV治療の満足,後悔の因子 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-232.html
成人GVの精神評価と健康ケア http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-233.html
ホルモン治療前の精神健康評価 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-238.html
ホルモン開始の他の意見 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-239.html
外科的ケア前の精神健康評価 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-240.html
性分化疾患DSDのGVの概要(前)http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-241.html
DSDのGVの概要(後)http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-242.html
DSDのジェンダー評価 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-243.html
DSDの性別適合決定 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-244.html
DSDのトランスなしの性別違和http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-245.html
DSDの内分泌管理 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-245.html
DSDのSRS,ジェンダー確定手術http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-246.html
 

性腺摘出の心理的影響(抄訳)
 
特にY染色体に関係するDSDの場合,種々の形の性腺異形成,性腺機能不全 and/or 悪性腫瘍に転化の,危険から,性腺の摘出は,性別適合の決定に関わらず,推薦されてきました。
 
DSDのない症例の文献は,豊富で,次の事による,不妊の結果,すなわち,性腺摘出,医原性の性腺機能低下症,ホルモン学的性腺機能低下症,を記載しているのに対し,これらの問題についてDSD個人には系統的な研究はありませんでした,例外的に稀な症例報告に関してその問題を含んでいました。
==============
 
DSDの履歴を開示する事(抄訳)
 
DSDに関連する社会的スティグマの可能性と,自身のイメージの問題のために,ジョンホプキンス大学の「適切なジェンダー指針」次のような事を推薦してます,生物学的状態と,医学的情報をDSDの子供に関して限られた家族に伝える事,そして注意深いペースで患者自身に開示する事,開示する手続きは細かく指示されていました。
 

マネーは,すべて情報の開示を,子供が高校卒業する事を推薦しました,ただし有意の認知機能の低下を認める子は別です,しかし他の臨床医はしばしば,患者から永久に開示しないことを勧め,ある場合は両親にさえそうするのでした。
 
このアプローチは倫理的にも問題視され,最近数十年の患者の権利に価値を置くのに問題視され,重大な医学的リスク(訴訟)があります。
 
DSD成人が,自分のDSDの状態を発見して,医学的スーパージョンなしに行う事(例えば,医学的記録の自分で始めるレビュー,インターネットなどの情報でも,自己診断)を導きます。
 
さらに,多くの症例報告や患者の証言は,そのような秘密がネガティブな心理的結果をもたらすと報告しています,例えば,恥,自殺に至る苦悩,保護者や医師に対する不信,そして後者はルーチンの医療サービスの全ての拒絶につながります。
 
しかしながら,開示のタイミングとテクニックの問題は,系統的研究によって行なわれていません,例として,Money (1994)や, Meyer-Bahlburg (2008), によって記載されては,いますが,しかし正式の臨床治験は,ほとんど不可能で,DSDが稀な疾患で,複雑な配慮がいるからです。
 
非常に稀にDSDの患者は,ジェンダ-の曖昧性や,性別違和を持ち,医学記録の開示は,自身の行動の非典型的ジェンダーの理解に役立つでしょう,その事はジェンダー移行の患者自身の開始につながる議論となるかもしれません,しかし,それらは稀な症例報告によるものだけで,系統的研究はなされていません。



スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://morisitaazami.blog.fc2.com/tb.php/247-64e32e80

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。