スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MTF膣造成:Preechaの外科手技:要約 

MTF膣造成:Preechaの外科手技:要約


Male-to-female vaginoplasty: Preecha's surgical technique.
MTF膣造成:Preechaの外科手技


http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25356769
Wangjiraniran B, Selvaggi G, Chokrungvaranont P, Jindarak S, Khobunsongserm
S, Tiewtranon P.
J Plast Surg Hand Surg. 2014 Oct 30:1-7.


要約


ペニスと陰嚢の皮弁を反転させるのが,MTFの膣形成の標準的方法と考えられています。


今日では,患者の組織で,クリトリス・陰唇複合体を再建しうることも,重要視されるようになりました;それは,亀頭,ペニスの皮膚,陰嚢の皮膚の組織で再建しました。


最初の,生物学的男性に対するSRSは,タイで1975年行われて以来,Dr Preechaと,彼のチームは膣形成の外科手技を開発し続けました;その結果,多くの改良が過去40年間行われ、約3000人の患者がその手技で手術を受けました。
 

この論文の展望は,現在使われている,膣形成と,クリトリス・陰唇形成と,その導入された改良点をプレゼン剃るものです,場所は,Chulalongkorn大学と,Preecha美容・形成研究所,タイランド,バンコクにありました。


これらの改良点は,腔の切開に鈍的手技を用いる,ペニスの皮弁に追加して,皮膚移植片を用いる,ペニスの亀頭からクリトリス複合体とクリトリス包皮を形作る,尿道粘膜を,新膣の前方陰唇小帯の縁取りにするなどから,なっていました。


改良を導入して、結果が、生物学女性の外陰部と非常に似た結果を達成する事が可能でした。


キーワード: gender dysphoria; gender reassignment surgery; male-to-female transsexualism; sex reassignment surgery; surgical technique; vaginoplasty


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。