スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神経・血管を付けた有茎大腿皮弁による陰茎形成:FTM:要約 

神経・血管を付けた有茎大腿皮弁による陰茎形成:FTM:要約
 

神経温存有茎島状皮弁移植による前側方大腿皮弁をFTMGIDで行なった陰茎形成
神経を付けた有茎大腿皮弁による陰茎形成:FTM(短縮タイトル)
Phalloplasty with an Innervated Island Pedicled Anterolateral Thigh Flap in a Female-to-Male Transsexual

http://europepmc.org/abstract/med/24945633
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24145733

Acta Med Okayama. 2013;67(5):325-31.
http://www.lib.okayama-u.ac.jp/www/acta/pdf/67_5_325.pdf
Free full text 
 
要約
 
2001年以来,私たちは陰茎形成を,橈側前腕の遊離皮弁で行なってきました,その遊離皮弁がFTMTSでの第一選択でした。
 
本症例では,22歳のFTMで アレンテストがマイナスであっても,神経温存有茎島状皮弁移植による前側方大腿皮弁を陰茎形成を行いよい結果を得ました,そして「チューブの中にチューブ」技法を用いました,それは陰茎と尿道が,単一の皮弁で形成されるものです。
 
 前腕遊離皮弁に比べて,神経温存有茎島状皮弁移植は陰茎形成で下記の利点がありました。:1.血管のマイクロ手術が必要ない,;2.見える場所に傷の瘢痕がない,;3.皮弁の供給側の場所が,機能的に少しのロスで済む,;4.主要な血管の犠牲がなくて済む事などでした。
 
このように,このテクニックは,陰茎再建の有用な臨床的選択肢になるでしょう。
 
Key words:gender identity disorder, sex reassignment surgery (SRS), phalloplasty
 
*allen test
http://www.radialist.com/page016.html
http://meddic.jp/Allen%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88
 
参考 図1 MDCTで患者の左前腕の循環不全があります。
→従って,前腕遊離皮弁が使えません。


 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。