スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腸管膣形成外科的手技,合併症,性的機能:要約 

腸管膣形成外科的手技,合併症,性的機能:要約
 
Intestinal Vaginoplasty Revisited: A Review of Surgical Techniques, Complications, and Sexual Function.
腸管を用いた膣形成再考:外科的手技,合併症,性的機能の考察
腸管膣形成外科的手技,合併症,性的機能(短縮タイトル)
 
 
Bouman MB1, van Zeijl MC, Buncamper ME, Meijerink WJ, van Bodegraven AA, Mullender MG.
 
J Sex Med. 2014 Apr 4. doi: 10.1111/jsm.12538. [Epub ahead of print]
 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24697986
  
要約
 
背景:
 
膣新形成,膣形成不全の生物学的女性や,MTFGID女性にとって,精神健康的健全にとって必須の物です。
 
しかしながら,膣形成にとって望ましい方法,機能的,審美的結果観点は,議論の最中です。
 
腸管膣形成は,強調される利点がありますが,消化管手術の必要性,その後のdiversion colitis*の合併症はよく言及される懸念です。 
 
 
膣形成手術の結果は,その利点と欠点の理解を増す為に,評価すべきです。
 
*diversion colitis ,
人工肛門造設や,腸管造膣造設で腸内容が通過しなくなったため空置大腸に発生する腸炎です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Diversion_colitis
 
目的:
 
腸管膣形成の外科的手技と臨床的結果に関する文献をレビューしました。
 
方法:
 
電子的データベース,参考文献リストを出版された論文を,腸管膣形成の一次的研究について検索しました。
 
研究は,少なくとも5人の患者がいて,最少1年間の経過観察期間のものを含みました。
 
患者の年齢,膣形成の適応,手術形式に制限はかけませんでした。
 
結果の値が抽出され分析されました。
 
主要評価項目:
 
主要評価項目は,外科的手続き,臨床的結果,性的健康とQOLでした。
 
結果:
 
21の腸管膣形成の研究が含まれました,つまり894人の患者が総数です。
 
全ての研究は後ろ向きで,低い質でした。
 
手続きに関係した合併症の頻度と,重症度も低いでした。
 
主要な術後の合併症は, 入り口の狭窄,外科的修正が必要な物(4.1%のS字結腸造膣,1.2%の回腸造膣)。
 
diversion colitisや,癌の発生はありませんでした。
 
性的満足率は高かったが,標準化されて質問用紙法は殆ど使われていなかった。
 
QOLは報告されていなかった。
 
結論:
 
現在使える証拠によれば,腸膣形成は低い合併症のようです。
 
これらの結果を実証する為には,機能的結果,QOLの結果の情報を得る事が重要で,標準化された観測値と質問を用いた前向き研究が必要でしょう。
 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。