スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どれだけ若いMTFが,SRSに若すぎるのでしょうか?:1)心理学的支持と教育 

どれだけ若いMTFが,SRSに若すぎるのでしょうか?:1)心理学的支持と教育
 
どれだけ若い人が若すぎるのでしょうか:トランスジェンダーMTFの思春期患者の性器手術に関する倫理的懸念
どれだけ若いMTFが,SRSに若すぎるのでしょうか?倫理的問題(短縮タイトル)
How Young Is Too Young: Ethical Concerns in Genital Surgery of the Transgender MTF Adolescent.
 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24238576
 
Milrod C.
   
要約 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-513.html
背景1 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-514.html
背景2 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-515.html
SRSを望む動機 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-519.html
倫理・治療基準 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-520.html
インフォームド・コンセント http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-530.html
性分化疾患治療の倫理 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-531.html
 
思春期GIDのSRSに関する決定の原理
1.心理学的支持と教育の原理(抄訳)
 
思春期GID患者と両親または保護者は,心理学的サポートと,完全なSRSの情報を与えられるべきです,利益,リスク,オプション,他の治療などです。

手術は不可逆的で,生殖に及ぼす影響や,生殖補助医療のオプションも話されるべきです,既に長くホルモン治療を続けて既に不妊かもしれませんが。

手術の決定には充分な時間があります。
ペニスや陰嚢組織が足りない場合,ティッシュー拡張器の問題,永久脱毛が必要であれば時間がかかるでしょう。
この事は,心理療法家と臨床医師の協力でなされます。

このように思春期GIDは完全な情報を提供され,世間のステレオタイプから自由に,治療過程を歩みます。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。