スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の脳の性分化:GID,同性愛,精神疾患:性同一性は不可逆 

人の脳の性分化:GID,同性愛,精神疾患:性同一性は不可逆
 
ヒトの脳の性分化:性同一性,性指向,神経精神疾患の関係で
(短縮タイトル)人の脳の性分化:GID,同性愛,精神疾患
Sexual differentiation of the human brain: relation to gender identity, sexual orientation and neuropsychiatric disorders.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21334362
 
Bao AM, Swaab DF.
 
「私の序論 :今まで,下記のような,比較的新しい考えを示しました。
 
「ほ乳類の性腺中心 性分化理論の終焉」:性腺,ホルモン,性分化だけでなく,遺伝子,性分化
http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-372.html
http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-423.html
 
「脳性差の幻影」:大衆が考えて,よりどころにしている擬似性科学が,いかに間違っているかを指摘しています。
http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-373.html
http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-381.html
 
Sryこそ,性分化の開始点で,中心だった筈なのに,それがエピジェネティックな調節を受ける事がわかり,Sry以外の遺伝子の関与も認められました。
マウスのSryをエピジェネティックに操作し雄から雌に性転換
要約 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-421.html
結論 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-464.html
 
1番目は,性腺ホルモンの分化の2ヶ月まえから,性染色体や遺伝子による分化が起きると言う物です。
2番目は,脳の性差は,マスコミや,大衆メディアが言っている程明らかでないし,依然完全に定義されていないと言うものものです。
3番目は,ヒストン脱メチル化酵素Jmjd1aがマウスSryのエピジェネティックな調節をしていると言うものです。
 
それに対して,やはり古典的な考えも示さなければなりません。
その最大の権威で,とりあげるSwaabのグループは,昔から性器,性腺ホルモンの分化から,2ヶ月で脳の分化が起こり,神経核の僅かの変化や,脳梁の変化で,性自認,性指向の差がでるという,古典的な見方をしています。
でも,これは明らかに時代遅れでしょう。それゆえ,ごく一部しか紹介しません」
 
要約 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-375.html
序論  http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-465.html
表1 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-466.html
器質化・活性化効果 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-467.html
性同一性と性指向 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-469.html
 
3.脳の性差との関係での,性同一性と,性指向
 
3.1. プログラムされた性同一性は不可逆
 
1960年代から70年代,子供は白紙の状態で生まれ,その後,社会によって男性か,女性にされると仮定されてきました。
これの明らかな例は,マネーの「性同一性は,充分に不完全に,出生時は分化しているので,遺伝的男児でも女児に転換できる」と言う,記述でした。
マネーは,ジェンダー刷り込みは1歳まで起こらず,その発達は3-4歳ぐらいと信じました。
 
彼の見方は,ジョン・ジョアン症例で悲惨な結果となりました。
8ヶ月の男児が,割礼手術でペニスを失い,女児にされました。
子供の精巣は17ヶ月まえで,摘出されました。
彼は,女子の服を着て,カウンセリングをうけ,思春期から女性ホルモンを投与されました。
マネーは正常に発達していると言いました。
しかしながら,彼は自分を女性と思っていなくて,14歳の時から男性として暮らしました。
不幸にして,2004年に自殺しました。
 
この物語は,子宮内のプログラミングの不可逆的強さを,性同一性について示しています。
 
酵素異常障害,総排泄腔外反症,などの例は,このような初期の永久的プログラムが性同一性に,社会的環境や,教育でなく,脳への生物学的によって起こる事を支持します,生物学的要因の例は,子宮内アンドロゲン暴露です。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。