スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウスのSryをエピジェネティックに操作し雄から雌に性転換:図4 

マウスのSryをエピジェネティックに操作し雄から雌に性転換:図4 
   
マウス性決定のエピジェネティック調節,それはヒストン脱メチル化酵素Jmjd1aによります
ヒストン脱メチル化酵素Jmjd1aがマウスSryのエピジェネティック調節(短縮タイトル)
マウスのSryをエピジェネティックに操作し雄から雌に性転換(更に乱暴な短縮タイトル) 
  
Epigenetic regulation of mouse sex determination by the histone demethylase Jmjd1a. 
  
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24009392 
  
Kuroki S, Matoba S, Akiyoshi M, Matsumura Y, Miyachi H, Mise N, Abe K, Ogura A, Wilhelm D, Koopman P, Nozaki M, Kanai Y, Shinkai Y, Tachibana M.
所属 Experimental Research Center for Infectious Diseases, Institute for Virus Research, Kyoto University 
  
Science. 2013 Sep 6;341(6150):1106-9.
 
本論文を手に入れたけど,ネイチャーと,並び称されるサイエンスなので,凄く難しい。
  
要約 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-421.html
論説 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-422.html
読売新聞の誤り http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-424.html 
推測される本文  http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-426.html
背景 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-427.html
図1 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-432.html 
図2 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-441.html
図3 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-445.html
 

図4 Jmjd1aは,直接H3K9の脱メチル化を調節します,それはSry遺伝子座においてです。
fig4leg1 jmjd 300
fig4leg2 jmjd 01 
fig4A-B jmjd 01  
A Sry遺伝子座と,ChIP-qPCR*のプライマーの組の図示
 
B Jmjd1aに対する抗体を用いてChIP分析を行いました,それはCBAマウスのXY性腺の体細胞を純化して行ないました。
GSC;性腺体細胞
MC;中腎輸管(ウォルフ管)細胞 

fig4C-F jmjd 01 
CからF
C H3K9me2のChIP分析
D Pan-H3*のChIP分析
E H3K9me3のChIP分析
F H3K4me2のChIP分析
CからFは,Sryの線型プロモーター領域で行なわれ,純化したCBAマウスのXY性腺の体細胞から材料を採られました。
  
すべてのデータは,平均±標準誤差(SE)
**p<0.01,***p<0.001(スチューデントのt検定) で表わしました。
  
*ChIP-qPCR,クロマチン免疫沈降(ChIP)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%B3%E5%85%8D%E7%96%AB%E6%B2%88%E9%99%8D
 

*Pan-H3,pan Histone H3
http://www.siyaku.com/uh/Shs.do?dspCode=W01M1630-3478
http://www.labome.jp/gene/human/histone-H3-antibody.html


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。