スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4つの古代民族集団(狩猟-採集民を含めて)の動脈硬化の証拠 

4つの古代民族集団(狩猟-採集民を含めて)の動脈硬化が明らかになりました
Atherosclerosis Evident in Four Ancient Populations, Including Hunter-Gatherers
4つの古代民族(狩猟-採集民を含む)の動脈硬化 (短縮タイトル)
 

Medscapeの論説
http://www.medscape.com/viewarticle/780556_print
 

原論文
Thompson RC, Allam AH, Lombardi GP, et al.
Atherosclerosis across 4000 years of human history: The HORUS study of four ancient populations.
Lancet 2013; DOI: 10.1016/S0140-6736(13)60598-X.
http://www.thelancet.com./journals/lancet/article/PIIS0140-6736%2813%2960598-X/abstract
=================
 
4000年の期間にわたる,4つの地域からのミイラの全身CTで,動脈硬化が古代の民族で,以前考えられていたより,多いことが示唆されました。
 
古代エジプト,古代ペルー,南西アメリカのプエブロインディアンの祖先,アリューシャン列島の狩猟-採集民を調べて,ミイラ137体中47体(34%)のミイラに動脈硬化を示唆する確実な所見,疑える所見を見いだしました。従って動脈硬化は現代病や生活習慣病ではなく,人類はそれに対する疾病素因を本来持っているのかもしれません。
 
この発見は,私たちの動脈硬化の原因因子に対する理解は不完全で,人間の老化の過程だけによるかもしれません。
 

これらの人々の食事は,天候と同様多様でした,古代エジプト人やペルー人は家畜を飼っていた農民であり、アメリカのプエブロインディアンの祖先は飼料を採取する農民、アリューシャン列島人は農業を行わない狩猟採集民族です。いずれの文化も菜食主義ではなく、すべての文化で魚や狩猟の肉を食べていました。
 

全身CTで,動脈壁の明らかな石灰化があれば動脈硬化と判断しました。動脈と思われる部位の石灰化は動脈硬化疑い例としました。5つの血管について分析しました。すなわち、①頚動脈、②冠動脈、③大動脈、④腸骨または大腿動脈、⑤膝窩または脛骨動脈の5つです。
 
結論
 

4つの産業化以前の集団(農業化以前の狩猟採集民族む)、人類の文化と歴史の広範囲にわたる4集団において、動脈硬化が,加齢と伴に一般的に認められました。そのため、動脈硬化は現代病とは考えにくく、特定の食事やライフスタイルと関係なく加齢によって起こる,ヒト生来の疾患であるかもしれません。
 
個人のブログによる解説
http://syodokukai.exblog.jp/18100098  力作,私のよりよっぽどしっかり訳や,解説。
http://time-az.com/main/detail/39047
=================
 
私見:私たちは今まさに,パラダイムシフトを,目撃しているのかもしれません。
以前のブログ「肥満に関する神話,憶測,事実」*でもそうだったけど,どうも成人病に関する原因,要因,それを除いた良いと思われる生活習慣は,胡散くさい気がしますこの論文は動脈硬化が単なる加齢による変化かもしれず,ライフスタイルによらないことを示唆しました。

つまり,高脂血症も,高血圧症も,肥満,内臓肥満,インスリン抵抗性,メタボリック症候群,運動不足なども,関係ないかもしれません。

真の病因,寄与因子を見つけることが,必要です。
老化や,炎症のマーカーの方が,疾患と関係するかもしれません。
 

肥満に関する神話,憶測,事実
http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-270.html から
http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-278.html
 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。