スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GID治療のAPA委員会報告:成人GVのトランスの医学とメンタルヘルス 

GID治療のAPA委員会報告:成人GVのトランスの医学とメンタルヘルス

 
GID治療に関するアメリカ精神医学会(APA)の専門委員会の報告
GID治療のAPA委員会報告(短縮タイトル)
Report of the american psychiatric association task force on treatment of
gender identity disorder.
 
Byne W, Bradley SJ, Green R, Meyer-Bahlburg HF, ら
 
Arch Sex Behav. 2012 Aug;41(4):759-96.
http://www.springerlink.com/content/65145105t4000220/fulltext.pdf  フル論文


要約 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-193.html
略語,序文 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-197.html
実施要領と推薦 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-199.html
小児の概要(前) http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-205.html
小児の概要(後),推薦 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-206.html
思春期の概要(前) http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-207.html
思春期の概要(後),推薦 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-208.html
成人の概要(前) http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-209.html
成人の概要(後),推薦 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-210.html
性分化疾患の概要(前) http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-211.html
性分化疾患の概要(後),推薦付2 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-212.html
文献レビュー:小児GV http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-213.html
小児GV:無治療の結果 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-214.html
小児GV治療の目標と目的 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-215.html
小児GV:介入の種類 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-216.html
小児GV:結果の研究 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-217.html
小児GV:結論 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-218.html
思春期GVの文献レビュー http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-219.html
思春期GVの評価 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-220.html
思春期GVの精神療法,RLE http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-221.html
思春期停止の問題(前) http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-222.html
思春期停止の問題(後) http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-223.html
思春期GVの反対性ホルモン/SRS http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-224.html
成人GV,成人GVの関心事 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-225.html
成人GVの性別移行の目標と結果 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-227.html
成人GVの診断,精神評価,精神療法とメンタルヘルス http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-228.html
=================


成人GVのジェンダー移行の医学的側面と,メンタルヘルスへの関係(抄訳)
 

ホルモン・手術療法でトランスしている人,あるいはしようとしている人を患者として扱う,メンタルヘルス専門家は,これらの医学的手続きと,メンタルヘルスへの関係を知っていなければなりません。
 

それゆえに,ここで簡単にレビューします。
 

幾人かの,患者は,FTMであれ,MTFでも,ホルモン療法なしに,トランスしようとします。
 

幾人かは,メンタルヘルスを受診して決意を明らかにしようとします,でも他方ではそれは必要ないとか,実行できないとします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
FTMのトランスはふつうアンドロゲンを使用し,男性二次性徴,たとえば,髭,男性型の体毛の分布,声の低音化,顔やその他の皮膚がときに粗くなります。
アンドロゲンはクリトリスの肥大を招き,しばしば metaoidoplasty* が可能になります。
 
MTFのトランスは,エストロゲン補充と,アンドロゲン減少の為に抗アンドロゲンの両方を使います,後者の例は,スピロノラクトン(アルダクトン)やシプロテロン(アンドロクール,アンドロキュア)です。
エストロゲンの効果は,乳房の肥大と,皮膚と毛のわずかの女性化です,多くのMTFで思春期の発達を完了した人の場合,脱毛が必要です。
多くの人は,外科的喉頭軟骨の縮小や,顔面女性化手術が必要です・
 
ホルモン剤の効果は,身体的特徴をプラスにさせるには有効ですが,身体的特徴をマイナスにさせるのはあまり有効でありません,つまり思春期で発達したものにはあまり有効でありません。
 
脂肪の分布や,筋肉の発達の様な体質は,反対の性ホルモンで変わります。
 
アンドロゲンやエストロゲン使用は健康上のリスクを伴いますが,ある場合には有益でしょう。
 
トランスジェンダーのホルモン治療の技術的側面は文献(記載省略,原論文参照)にあたってください,それに伴う医学的,予防についてもそうです。
 
*metaoidoplasty,Metoidioplasty
http://en.wikipedia.org/wiki/Metoidioplasty
http://p5i.fc2web.com/ts/srs/bottom/meta.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 
情緒的な変化が,男女のホルモンで起こるかもしれません,しかし程度が軽く,トランス前のパーソナリティに関係しそうでした。
 

性欲の亢進はふつうアンドロゲン使用で起きますが,MTFでトランスの過程にある人で強い性欲が見られることがあり,たぶん身体の変化,たとえば乳房の発達で,より自信を深めた為でしょう。
 

トランスしている患者はしばしば平行する精神科的ケアで利益があります。
 
精神治療的仕事だけでなく,人生の大変化を選んだ患者は,自信の苦悩と,ホルモン使用の精神的影響を評価し,処方する内科医,家庭医,婦人科医,内分泌科医といっしょに協力すべきでしょう。
例えば,不安定さ,気まぐれ,泣いたり,攻撃的になったら,血清のホルモンの測定をしてみるなどです,それは男性運動選手やボディビルダーの蛋白同化ステロイド使用に伴う「ステロイド怒り」に似ているからです。
 

安全な性行為の情報や防御法は,しばしば精神科医が提供します,もしそれが身体疾患医になされなかった場合です。
それは,重要な情報で,トランスジェンダーの人に必要性に応じてします。
-------------
 
トランス目的の手術は,乳房と胸(トップ)手術と,性器(ボトム)手術です。
 
成人FTMにとってトランスにもっとも必要な手術は,胸部再建手術です,乳房の形は,強力な女性のジェンダーの象徴になり,平たい胸は男性の象徴です。
幾人かの,FTMは乳房の手術を必要としないかもしれません,体質がより男性的なので。
FTMのトップ手術の目標は,単に乳房摘出でなく,自然に見える男性の胸を作る事です,その為に体質に合わせ幾らかの皮下脂肪を残さなければなりません。
 
幾人かのMTFは,ホルモンだけでは発達しなかったので豊胸術を選択します,一方幾人かは,エストロゲン,時にプロゲステロンを使用し,充分に発達した乳房を得ます。
幾人かの豊胸術を選択したMTFは,美容外科治療を受ける正常女性と同じです。
 
成人MTFの性器手術は,ペニス反転,膣形成術,クリトリス形成,陰唇形成,精巣摘出です。
 
FTMの性器手術は,metaiodoplasty* と限局的な陰嚢形成術か,より大規模な,身体の他の部位からのグラフト組織による陰茎形成,尿道伸張,陰嚢形成術,膣切除です。
子宮摘出と卵巣摘出はいずれの場合も可能です。
 
手術の合理性に関する情報,最近の手術テクニックの情報,は患者や専門家向けに,種々の情報源で与えられています,幾つかは専門家の情報源,大衆的新聞情報,インターネット情報です;しかし提供施設やテクニックを比較した結果のデータは得られていません。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。