スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GID治療のAPA委員会報告:思春期GV 

GID治療のAPA委員会報告:思春期GV
 
GID治療に関するアメリカ精神医学会(APA)の専門委員会の報告
GID治療のAPA委員会報告(短縮タイトル)
 
Report of the american psychiatric association task force on treatment of
gender identity disorder.
Byne W, Bradley SJ, Green R, Meyer-Bahlburg HF, ら
Arch Sex Behav. 2012 Aug;41(4):759-96.
 
http://www.springerlink.com/content/65145105t4000220/fulltext.pdf  フル論文
 
要約 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-193.html
略語,序文 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-197.html
実施要領と推薦 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-199.html
小児の概要(前) http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-205.html
小児の概要(後),推薦 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-206.html
思春期の概要(前) http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-207.html
思春期の概要(後),推薦 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-208.html
成人の概要(前) http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-209.html
成人の概要(後),推薦 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-210.html
性分化疾患の概要(前) http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-211.html
性分化疾患の概要(後),推薦付2 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-212.html
文献レビュー:小児GV http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-213.html
小児GV:無治療の結果 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-214.html
小児GV治療の目標と目的 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-215.html
小児GV:介入の種類 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-216.html
小児GV:結果の研究 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-217.html
小児GV:結論 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-218.html
 

思春期GVの文献レビュー
 
Susan J. Bradley,M.D. と RichardGreen,M.D., J.D. 著
 

この報告の目的の為には,思春期は12-18の間の若者とします。
 
ジェンダー・アイデンティティの問題はスペクトラムで起こり,一方には,ある思春期の人で,長く続く性別違和があり,異性になりたいと言う望み(典型的には小児期に明らかであった)と言う人,から他方は,より最近の性別違和の発症で,しばしば広範囲なアイデンティティの混乱があり,より不明瞭な異性のジェンダー・アイデンティティの定義と言う併発症がありました。
 
例えば,私たちは,幾人かの思春期の女性で最近のSRSの希望の発症の人が,性的暴行を受けた後に起きたのを見ています。
 
他の思春期の人は明らかな,身体醜形障害や,精神病,重症うつ病,アスペルがー障害に,SRSの希望を伴って現れ,SRS希望が二次的な現象のようにほとんど見えました。
 
GID症状の症状のある思春期で明らかに小児で存在し,小児から思春期に連続している人は,一般的に,管理に合併症が起こる事は少ないようです。
 
Cohen-Kettenis and van Goozen(2002)によれば,この持続群は,顕著な精神病理を持つ事が少ないのでした。
 
GID症状が後に現れた人では,しばしば,思春期の変化 and/or 精神障害の内容,または フェティシズム的異性装の後で,現れ,より複雑なマネージメントの様相を示します。
 
早期発症群と,後期発症群の,両方で多くの同じ問題がありますが,それぞれの特別な問題が起きる時期や,どうやって臨床的にそれらをマネージメントするかは,2つのグループ間で違いがあるでしょう。
 

この分野でもっとも経験のある臨床家の間のコンセンサスは,主要な併発精神疾患を,ジェンダーの問題の前に取り扱うべきと言うものです,それは早期発症群と,後期発症群の,両方でです。
 
その他の寄与する因子が無いならば,(早期発症群でより高頻度ですが),性別移行に向けての支持的仕事が適切でしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
PubMed と PsychInfo のデータベースの検索で,ランダム化対照治験(RCT)で思春期GIDに関するものは何もありませんでした。
 
大部分の研究は,APA evidence category G に分類され,例えば個々の症例報告のようなものでした,APA evidence category C もありますが,例えば経時的なフォローアップ研究で,対照群がないものです,APA evidence category B も稀にありますが,例えば,フォローアップ研究で,限られた有用性でありますが対照群で,ランダム化割り付けのないものです,そしてAPA evidence category F, 例えば,上記研究のレビューですが,その中のいくつかは,かなり徹底的です。 
 
思春期GIDを主要問題として扱い,問い合わせや,専門家の意見をガイドする専門クリニックは世界で2つしかありません,1つは,オランダ,アムステルダムの,The Gender Clinic at the Vrije University Medical Centerで,もう1つは,カナダ,トロントの the Gender Identity Service at the Centre for Addiction and Mental Health です,そこでは充分な数の被験者がいて,系統的データを集め,「実験的ベース」で診療を行っています。

不幸にも,補足的研究で,これらのクリニックの知見を,支持したり,反対するものは,ありませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
この報告は,最初に,性別適合を望む個人の評価を考慮し,次に精神療法の証拠,リアル・ライフ・エクスペリエンス(RLE),医学的思春期停止,反対の性ホルモン投与の証拠について考察します。  
 
これらの個々の問題に関する証拠の評価が与えられると同時に,治療推薦の成立に対する意見も与えられるでしょう。
 
米国では思春期の人へのSRSは行われていないので,ここでは詳しくはふれません。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。