スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人はどうして自分が男性であるか女性であるかを知るのか?:背景1 

人はどうして自分が男性であるか女性であるかを知るのか?:背景1
 

M.ダイアモンド:人はどうして自分が男性であるか女性であるかを知るのか?:背景1
 

ミルトン・ダイアモンド:心理・性的発達のバイアスのかかった相互関係理論
:「人はどのようにして自分が男性であるか女性であるかを知るのか?」(原題):要約
 
 
Biased-interaction Theory of Psychosexual Development: "How does one know if one is male or female?"
Sex Roles 55(9-10): 589-600. 2006
http://www.hawaii.edu/PCSS/biblio/articles/2005to2009/2006-biased-interaction.html
http://www.springerlink.com/content/fn27167gv0m7307m/
 
 
要約 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-141.html
 

背景1(抄訳)
 

社会で男性あるいは女性である意味はくり返し討論されてきました。
 
この問題に関して,人がセクシュアリティをどのようにして,男性,女性と発達させるのかも,同様に長い論争でした。
 
この事は,非典型例の人の場合,特に問題でした,それはジェンダー行動,性的同一性,ジェンダー同一性,性的指向などで変異があるためです。
 
いろいろ理論はあるけれど,還元主義か構成主義,環境によるか,進化によるかなどの立場がありました。
 
簡単に言えば,生まれ(nature)か育ち(nurture)です。
 
40年前から,生まれと育ちの両方が交じり合って相互作用して性的に発達すると言う説を主張してきました。
 
この主張は当時主流を占めていた,人の性やジェンダーの発達は主に社会的と学習的力によると言う説に,刺激され対抗するものでした。
 
その優勢な理論と言うのは,「本能的な男性性や女性性は生まれつきだけど,両性具有での証拠は,心理学的,性的に出生時は未分化で,種々の成長過程の経験で男性・女性に分化する概念というものでした(マネーら,1955)
両性具有のように全ての人種は,同じパターン,すなわち心理学的に出生時未分化と言う訳です(マネー,1963)。 
   
対抗して私の見方は,当時利用できた証拠の支えられ,人類は「なりやすい性質」あるいは「バイアス」を受ける行動が一定方向にあり,「行動は出生前の出生後の影響を受けます,その影響因子は決定的遺伝のセクシャリティに二重焼きで影響を与えるのです。
私は,追加の幾つかの論文を書きました,論文は私の理論的思考を,多くの局面の性的発現,典型的同性愛から,性転換症,インターセックスにわたりました。
この論文で,現在利用可能な証拠を加え,ジェンダー同一性の発達理論をくり返して述べる事は適当な事でしょう。
 

ミルトン・ダイアモンド:心理・性的発達のバイアスのかかった相互関係理論
:「人はどのして自分が男性であるか女性であるかを知るのか?」
 

1.人は進化遺伝上,家族遺伝学,子宮内環境,健康問題など背景に生まれます。
最強の妊娠時期の影響は,遺伝と内分泌の器質化因子によります。
器質化因子は,遺伝と内分泌の影響が出生前に置かれるもので,それは成人の行動に影響を与え,思春期の思春期後の活性化過程や,出来事で活性化される事でおきます。
 
種々の器質化因子こそこの理論の心臓部です。器質化因子はその後のバイアス化された反応に影響を与えます;人が行動や態度を男性,女性と認識させるような,傾向を持たせるのです。
この確信の基礎は,経験的,実験的証拠から得られ,あるものは古典的,他方は現代的ですが,後述します。
 

2.性的発達は少なくとも5段階のレベルが考えると分かりやすいです。
5個全てがバイアス因子となり,それらの出現は上述の器質化因子によります。
 

これらの5つのレベルは,5つの頭文字の単語PRIMOとして覚えると良いです。
 
P:ジェンダー・パターン
 
R: 生殖能力
 
I:同一性,アイデンティティ,性と,ジェンダーに関する同一性,アイデンティティ。
 
M: 性的メカニズム,授乳,射精,排卵,出産,父親になるか母親になるかなど
 
O: 性指向,ふつうには,異性愛,同性愛,両性愛としますが,GIDの場合生まれた性なのか,戸籍変更した性なのか混乱します。
それで,男性愛好androphilic, 女性愛好gynecophilic,両性愛好ambiphilic の使用をダイアモンドは提唱しています,その方が上記の古い表現より政治的偏見もすくないです。
 
 背景2につづく



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。