スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹内久美子:同性愛の謎:不誠実な論文引用・解釈 

竹内久美子:同性愛の謎:不誠実な論文引用・解釈
 
竹内久美子 同性愛の謎 を買いました。
http://hon.bunshun.jp/articles/-/468
 
杏野先生のブログ http://d.hatena.ne.jp/annojo/20120124
 
竹内久美子:同性愛の謎,のウソ

引用論文批判 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-103.html
双生児研究 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-104.html
Xq28のウソ http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-105.html
Xq28その後 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-106.html
FBO効果のウソ http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-107.html
母体‐胎児免疫仮説への反論 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-86.html
母体‐胎児免疫仮説への反論2 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-88.html
Xq28のウソ,Rischの呪い http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-108.html


竹内久美子は論文の引用も,解釈も不誠実です。だいたい引用した論文を正確に記載すらしていません。


p76に出ている,ボブローとベイリーの論文は下記です。
Is male homosexuality maintained via kin selection?
David Bobrow, J.Michael Bailey
Evolution & Human Behavior Volume 22, Issue 5 , Pages 361-368, September 2001
http://www.ehbonline.org/article/S1090-5138(01)00074-5/abstract
しかし1997年の創刊なのに,この論文はPubMedに収録されていないので,ランクが下の論文です。
一応,要約は上記です。


この本ではヘルパー仮説(kin selection)は説得力を失ったと書いていますが,p83,サモアでは別の状況です。
An adaptive cognitive dissociation between willingness to help kin and nonkin in Samoan Fa'afafine.
Vasey PL, VanderLaan DP.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20424059
Fa'afafineはサモアの社会で第3の性と考えられる女性的な男性同性愛者で,kin selection 仮説に一致する行動を取りました。


Sexual Orientation in Men and Avuncularity in Japan: Implications for the Kin Selection Hypothesis.
Vasey PL, Vanderlaan DP.
Arch Sex Behav. 2011 Jun 9. [Epub ahead of print]
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21656333
同じ著者は,日本の同性愛でも同様の仮説が成り立つと観察しています。


p170に出ている論文は下記です。
Arch Sex Behav. 1996 Dec;25(6):551-79.
Biodemographic comparisons of homosexual and heterosexual men in the Kinsey Interview Data.
Blanchard R, Bogaert AF.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8931880


これについても,非白人ではこのように行かないというデータがあります。


続いて,竹内さんが絶賛しているP201の論文は,
Camperio-Ciani Aら
Evidence for maternally inherited factors favouring male homosexuality and promoting female fecundity
Proc. R. Soc. Lond. B 2004 271, 2217-2221
http://rspb.royalsocietypublishing.org/content/271/1554/2217.full.pdf


で,理解不能だと言うp206の論文はこれです。
Sexually Antagonistic Selection in Human Male Homosexuality
Andrea Camperio Ciani1, Paolo Cermelli, Giovanni Zanzotto
PLoS ONE 3(6): e2282 2008
http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0002282#pone-0002282-g002


Proc Biol Sci. 2006 Dec 22;273(1605):3031-8.
Genetic models of homosexuality: generating testable predictions.
Gavrilets S, Rice WR.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17015344
上記2つの論文の間にこの論文が入って,より広範な仮説を提唱しているのに,X染色体に拘るのはまったく不誠実です。


もの凄い古い論文を引用して,それに関連する新しい論文をまったく引用していません。
彼女はPubMedのRelated citationsを使えば簡単に新しい論文を調べられるのに,不誠実です。
 
だいたい1993年頃の論文が,2012年まで通用すると思うのが,可笑しいのです。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。