スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己去勢と精巣自傷:要約 

自己去勢と精巣自傷:要約
 
The hidden world of self-castration and testicular self-injury.
自己去勢と,精巣の自己損傷の隠された世界
自己去勢と精巣自傷(短縮タイトル)

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24709968
 
Nat Rev Urol. 2014 Apr 8. doi: 10.1038/nrurol.2014.84. [Epub ahead of print]
 
Johnson TW1, Irwig MS2.
 
1Anthropology Department, California State University, Chico, P. O. Box 50, Fulton, CA 95439, USA.
2Center for Andrology and Division of Endocrinology, The George Washington University, 2150 Pennsylvania Avenue NW, Suite 3-416, Washington, DC 20037, USA.
 
要約
 
宦官は,生物学的男性で,ある理由で自発的に去勢を行なう人です,その理由はMTF性転換症以外の理由です。
 
 「eunuch wannabe,宦官になりたい人」と言う用語は,自発的去勢と望むか,計画している人です。
 
きまり悪さや,拒絶の恐れから,多くの宦官になりたい人は,医療専門家のコンサルタントを受けません,つまり自発的な去勢の希望です。
 
その代わりに,彼らはしばしば,自己去勢や,医師ではない専門家に頼ります,あるいは毒性物質の注射によって精巣の損傷を自分で招いて目的を果たします。
 
泌尿器科医は,これらの手段が徐々に流行している事を知るべきです。
 
特に,精巣内への毒物注射を行なって,泌尿器科医に損傷した精巣を摘出してもらう目的の場合です。
 
 

スポンサーサイト

総排泄腔外反症男児で女児として割当てられ後に性同一性不一致:考察3 

総排泄腔外反症男児で女児として割当てられ後に性同一性不一致:考察3
 
遺伝的に男児の総排泄腔外反症で出生時女児として割り当てられた患者の数人かの性同一性の不一致
総排泄腔外反症男児で女児として割当てられ後に性同一性不一致(短縮タイトル)
Discordant sexual identity in some genetic males with cloacal exstrophy assigned to female sex at birth.
 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14736925
http://www.nejm.org/doi/pdf/10.1056/NEJMoa022236  タダで全論文
 
Reiner WG, Gearhart JP.
 
総排泄腔外反症男児で女児として割当てられ後に性同一性不一致
要約 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-501.html
背景(前) http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-502.html
背景(後)http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-503.html
方法、表1 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-504.html
結果、表2 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-505.html
結果、表3 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-506.html
考察1 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-509.html
考察2 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-510.html
 
考察3(抄訳)
 
他の幾つかの問題が,私たちのデータの解釈に重要でした。
医学的総排泄腔外反症の治療は種々で,普通複雑な物で,しばしば患者が住む地方の病院で行なわれ,ジョン・ホプキンス病院で行なわれる事は稀です。
フォローのインタビューは体系的に行なわれていません,例外は方法の部分で記載された4つの質問*で,内容と,質問の内容は被験者によって異なり,フォローの面談によって異なりました。
 
総排泄腔外反症の遺伝的女児では,臨床的に観察中でも,この研究には含まれませんでした。 
 
しかしながら子供の自然の再適合は稀でした。
 
最後に,性の表現型の評価自体が,子育てを変えたかもしれません:最初の研究評価後色々な時期に,4人の被験者の両親は,出生時の男性の状態を明らかにしました,その事はそうしないようにとクリニックで指示されていたにも関わらずです。
 
*4つの質問
両親には,「子供の健康状態は?」,「あなたは,子供が女の子か,男の子でいる事に幸福であると,思いますか?」,「子供は,ジェンダーの好みを自然に変えたと言いましたか?」,「子供は,男性あるいは女性として,成長していく積もりだと言いましたか?」を,必ず含みました。両親にも下記のような多種の質問をしました。
子供への質問は,おもちゃ,人形,服,赤ん坊,ゲームの好み,種々の活動へ従事,体育,攻撃的行動,職業への興味,性的興味,友人の性別,など多数・多種でした。
ーーーーーーーーーーーーー
 
子供の養育に対する両親の態度は,性の適合,養育の効果について,測り知れない変数です。
従って,結論的で,後ろ向き研究での,個々の両親の因子の特定は不可能です。
 
両親は彼らの遺伝的男児を,女児にして育てるよう,出来るだけするよう,保証をされ,その結果しばしば行動はより典型的男児でした。
 
12人の被験者は,遺伝的女性の姉妹が居ましたが,彼女らは非典型的性的行動を示しませんでした,その事は両親が実際被検者にも女児として育てる行いをしたと言う,ある程度の証拠になります。
 
質問による主観的な事柄やトピックスの展望は,両親と被験者の反応の,数年に及ぶ一定さを示し,被験者の性的同一性の宣言の経時的な持続性は,結果のデータの信頼性を示唆します。
ーーーーーーーーーーー
 
出生前のアンドロゲンは主要な生物学的因子で,男性の性同一性の発達を決め,出生後や,思春期のアンドロゲン上昇が存在しなくてもです,しかしそれだけが唯一の因子と断定できません。
 
アンドロゲンの脳の発達に及ぼす特異的作用や,男性自体の発達に対する特異的機構は大部分不明ですし,エピジェネティックなプロセス,社会的に媒介される影響も,調べられていません。
 
私たちの結果のインターセックス状態に対する示唆は,将来の研究を要します。
 
しかしながら,私たちの研究は,遺伝的,ホルモン学的に男児で生まれた子は,女児として育てられ,出生時に女性化外性器手術を受けても,自身で男性の性同一性となるかもしれません。
 
陰茎形成不全の遺伝的男児を,女児に適合させるのは,複雑な新生児の状態を,さらに複雑にするかもしれません。
 
そのような新生児の臨床的介入は,この研究結果を照らして再考すべきでしょう。



総排泄腔外反症男児で女児として割当てられ後に性同一性不一致:考察2 

総排泄腔外反症男児で女児として割当てられ後に性同一性不一致:考察2
 
遺伝的に男児の総排泄腔外反症で出生時女児として割り当てられた患者の数人かの性同一性の不一致
総排泄腔外反症男児で女児として割当てられ後に性同一性不一致(短縮タイトル)
Discordant sexual identity in some genetic males with cloacal exstrophy assigned to female sex at birth.
 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14736925
http://www.nejm.org/doi/pdf/10.1056/NEJMoa022236  タダで全論文
 
Reiner WG, Gearhart JP.
 
総排泄腔外反症男児で女児として割当てられ後に性同一性不一致
要約 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-501.html
背景(前) http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-502.html
背景(後)http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-503.html
方法、表1 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-504.html
結果、表2 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-505.html
結果、表3 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-506.html
考察1 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-509.html
 
考察2(抄訳)
 
私たちの総排泄腔外反症患者では,精巣の組織は新生児期精巣摘出を受けた時期には正常でした,その事は脳は男性に典型的出生前ホルモン環境で発達した事になります。
そのようなY染色体特異的SRYやZFY*転写因子に関係した神経系の性質は,遺伝的男子に典型的なものになるでしょう。
 
しかし性別適合手術によって,出生後のアンドロゲン上昇*は起きる事が13人の被験者で,出来ません,それは最初の3ヶ月で手術した被験者No14では起き,2人の男児として育てられた子は,性腺もあり正常の思春期のアンドロゲン上昇があったでしょう。
2人だけが,男児として育てられ,性腺も在ったので,正常の思春期のアンドロゲン上昇があったでしょう。
 
被験者No1から14までは,女性として社会的,法律的に育てられ,外性器の外科的女性化手術を受けました。
患者の究極的な性同一性は,14人の女児として新生児期に割当てられても,予測がつきませんでした。
 
16人の被験者の性的行動,および態度は,強く男性的特徴の性質を反映しているように見えました,それは女児として育てられるか,男児として育てられるかに関わらずです。
 
5人は,出生時女児として割当てられましたが,女性としての性同一性を維持し,一般に満足してようでした。
 
1人の被験者は,性同一性を訊かれて,怒って,このトピックに関する議論を拒否しました,それは出生時が男性(の状態)と言われ気まずくなった為でしょう。
 
8人は,乳児期に女児に割当てられましたが,自分自身を男性と宣言しました,4人は自然に,他の4人は,男児として生まれた事を聞いてからです。
彼らの誰も,自身の宣言を変えませんでした。
 
このように幾人かの被験者は,彼らの男性としての性同一性を,認識できるようでした,それは環境的には逆である事を示唆するにも関わらずです:この事はImperato-McGinleyらの報告で,18人の5α-還元酵素欠損の男児で,女児として育てられた患者の事を思いおこさせます,思春期なると,この症候群の典型で,思春期に男性化し,18人中17人は男性の性同一性の移行しました。 

*ZFY
http://omim.org/entry/490000
 
*アンドロゲン上昇
胎児期(妊娠6週目から24週目)と,出生後(生後2週間から6ヶ月)と,思春期にアンドロゲン上昇があります。
ーーーーーーーーーーーーーー
 

被験者の多様な性的結果は,臨床的懸念の問題に焦点を当てます。
 
第1に,女性のままでいると決めた被験者は,将来,出生時の状態を発見したら,どのように反応するのでしょうか?
そのような情報は,秘密にして良い物でしょうか?
 
第2に,男性として暮している被験者や,男性に移行しようとする被験者に,彼らのセクシュアリティについてより議論すべきでしょうか?
 
第3に,殆ど全ての総排泄腔外反症の遺伝的男児や女児は,正常の性腺を持っていますが,性器の再建が必要で,男児の場合精巣摘出と一生の外来ホルモン投与,そして永久不妊になります。
 
第4に,性器の不存在や,存在は,私たちの被験者の,性の問題に関して認識できない影響を及ぼすようです。
 
第5に,おそらく全ての総排泄腔外反症男児は,完全な陰茎の再建を必要とするか,望むと思われます,彼らのパートナーと機能的にセックスする為にです:そのような必要性,機能;男性のオルガズムとしての不完全;現時点で思春期・成人期までの心理社会的発達の不明な示唆です。
 
第6に,最後に,私たちの総排泄腔外反症クリニックの遺伝的女児では,非典型的性的行動や,性の混乱は見られませんでした。
 
 


総排泄腔外反症男児で女児として割当てられ後に性同一性不一致:考察1 

総排泄腔外反症男児で女児として割当てられ後に性同一性不一致:考察1
 
遺伝的に男児の総排泄腔外反症で出生時女児として割り当てられた患者の数人かの性同一性の不一致
総排泄腔外反症男児で女児として割当てられ後に性同一性不一致(短縮タイトル)
Discordant sexual identity in some genetic males with cloacal exstrophy assigned to female sex at birth.
 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14736925
http://www.nejm.org/doi/pdf/10.1056/NEJMoa022236  タダで全論文
 
Reiner WG, Gearhart JP.
 
総排泄腔外反症男児で女児として割当てられ後に性同一性不一致
要約 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-501.html
背景(前) http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-502.html
背景(後)http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-503.html
方法、表1 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-504.html
結果、表2 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-505.html
結果、表3 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-506.html
 
考察1(抄訳)
 

総排泄腔外反症は厳密にはインターセックスでありません:単に陰茎無形成や陰茎低形成は,身体の構造的異常によるものです。
1975年に,マネーは,男児の幼児を女性に再適合するのに成功したと報告しました,それらの男児は,外傷性のペニス欠損になった者です。
新生児の性的中立性の概念はそれから発展しました,それは出生後のホルモンに拠らない影響を強調していました。
 
この概念に部分的には基礎におき,新生児の性適合の臨床的パラダイムは完全に1970年代末には発展しました,それには遺伝的男児で重症に陰茎形成不全の者は,女児に再適合させる事を含んでいました。
 
しかし,McGinleyらや,Bin-Abbasらは,症例シリーズを報告し,それらはこのパラダイムに反論するようでした,ただ子供の診断は違いました。
 
それに加えて,1997年ダイアモンドとSigmundsonは,マネー自身の被験者のその後の報告を行い,被験者は自分自身で男子に再適合しました,長年の著明な個人的,家族的葛藤の後でした。
 
その他の,症例研究の結果は,一致しないものでした。
 
総排泄腔外反症の遺伝的男児の性的指向に関する情報は限られていました,特に新生児期に女児に再適合された者についてです。
 
Schoberらは,彼らの印象を報告し,女児に再適合された総排泄腔外反症の14人の男児は,「全て典型的女性のコア持つけれども,男児の役割行動を幼少児に持つ」と言いました。しかし彼らの情報は限られていて,被検者の年齢は,性的興味や性指向を聞くには,「幼すぎる」と言うだけで,研究方法も記載されていません。



総排泄腔外反症男児で女児として割当てられ後に性同一性不一致:方法、表1 

総排泄腔外反症男児で女児として割当てられ後に性同一性不一致:方法、表1
 
遺伝的に男児の総排泄腔外反症で出生時女児として割り当てられた患者の数人かの性同一性の不一致
総排泄腔外反症男児で女児として割当てられ後に性同一性不一致(短縮タイトル)
Discordant sexual identity in some genetic males with cloacal exstrophy assigned to female sex at birth.
 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14736925
http://www.nejm.org/doi/pdf/10.1056/NEJMoa022236  タダで全論文
 
Reiner WG, Gearhart JP.
 
総排泄腔外反症男児で女児として割当てられ後に性同一性不一致
要約 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-501.html
背景(前) http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-502.html
背景(後)http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-503.html
 
方法
 
表1 16人の被験者の、医学的、外科的データ
 
被験者番号 評価時年齢 随伴する医学的合併症 失禁の為の手術の年齢 他の主要手術の種類と理由
cloaca ta1 01 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。