スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MTFによる自己去勢:財政・身体コスト:症例報告:要約 


MTFによる自己去勢:財政・身体コスト:症例報告:要約
 

Self-castration by a transsexual woman: financial and psychological costs: a case report.
MTFGIDによる自己去勢:財政的,身体的コスト:症例報告
MTFによる自己去勢:財政・身体コスト:症例報告(短縮タイトル)
  
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22240147
 
J Sex Med. 2012 Apr;9(4):Epub 2012 Jan 12.
  
St Peter M1, Trinidad A, Irwig MS.
  
要約 
 
背景:
 
選択的精巣摘出術の自己負担費用は,しばしば健康保険でカバーされません,その為MTFにとって,彼女らの身体的移行を進めるのに有意のバリアーです。 

これと,その他のバリアー(その手術をしてくれる外科医へのアクセス,待ち時間,基礎になる心理学的・精神学的状態)は,一部のMTFが,自己去勢を試みる動機になっています。 

僅かの情報しか報告されていません,つまり財政的コストと,自己去勢が患者自身とヘルスケア・システムに対するコストです。
  
目的: 
 
私たちは,40台のMTF女性症例で,選択的精巣摘出 対 自己去勢の,財政的コストと,心理学的コストを比較しました。 
 
方法: 
 
私たちは,患者にインタビューをし,それから医療供給者にインタビューをし,財政的情報を地方の医療費支払方式と,医療費の差額請求専門家に訊きました。
  
結果: 

自己去勢の後,少量の出血があり,私たちの患者は,ERに行き,両側鼠径の探査を行い,両側精索の結紮と除去を行ないました,そして後遺症があって,精嚢の探索と,壊死組織除去術と,閉鎖を行ないました。

彼女は,精神科病棟に3日間入院しました。 

総額は,14933$で,選択手術で,外来精巣摘出術を行った場合,その地方で4000$でした。 

結論:
  
財政的観点から,選択的精巣摘出術は,ヘルスケア・システムに有意に少ないコストで済みます,入院のコストとそれにまつわるコストです。

患者の安全の観点から,選択的精巣摘出は,自己去勢より少ないリスクで済み,例えば,出血,醜形,感染,尿道瘻孔,神経損傷です。

ヘルスケア供給者はMTFGID患者の,注意深く,自己去勢に向かう態度を調べ,選択的精巣摘出へのアクセスを促がし,自己去勢の数を減らし,全体としてヘルスケアのコストを下げます。 

自己去勢の財政的示唆と,異なるヘルスケアシステムと患者のニーズに関する,更なる研究が必要です。
 
「私的考察 
以前,
自己去勢と精巣自傷:要約
を訳しましたが,その全論文を,Nat Rev Urol. とお高く留まっているネイチャーグループの雑誌だからか,
手に入れられませんでしたので,これに手を着けました。

http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-546.html
 
自己去勢と精巣自傷 の方は,MTF性転換症以外の理由で,自発的に去勢を行なう人です。
その中にも,潜在的には,MTFGIDが潜んで居そうですが,定義上はそれらを対象にしていません。」



 

 

スポンサーサイト

生後2月でペニス焼却,7月で性別適合,女性として養育フォロー:症例報告3 

生後2月でペニス焼却,7月で性別適合,女性として養育フォロー:症例報告3
 
Experiment of nurture: ablatio penis at 2 months, sex reassignment at 7 months, and a psychosexual follow-up in young adulthood.
養育の実験:生後2ヶ月でペニスが焼却事故,7ヶ月で性別適合,若い成人期までの心理社会的フォローアップ
生後2月でペニス焼却,7月で性別適合,女性として養育フォロー(短縮タイトル)
 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9651461
 
http://pediatrics.aappublications.org/content/102/1/e9.full.pdf+html フル
http://www.pediatrics.org/cgi/content/full/102/1/e9
 
Pediatrics. 1998 Jul;102(1):e9.
 
Bradley SJ1, Oliver GD, Chernick AB, Zucker KJ.
 
要約1 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-539.html
要約2 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-541.html
要約3  http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-542.html
症例報告1 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-543.html
症例報告2 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-544.html
 
症例報告3(抄訳)
 

身体的に彼女は背の高い(175 cm),痩せた女性でした,服装はカジュアルでしたが,直ちに女性と認識できました。
 

26歳時の身体検査(婦人科医のギリアンによる),彼女の乳房の発達はタナー・ステージV*で,サイズはBカップでした。
 

腹部と外陰の検査では,中央の欠損と突出があり,彼女の2回の再建手術の結果と思われました。
 

外陰部は著明に余った,両側の冗長な大陰唇があり,精巣挙筋反射*が陽性でした。
 

ペニスの亀頭の残遺物は,正常なクリトリスのサイズと一致していましたが,右に曲がっていました。
 

感覚はありました。
 

勃起する厚いひも状の組織が精巣から,恥骨結合に走るのが触診され,陰茎海綿体と思われました。
 

彼女は特に性的に興奮した時,この部位が怒脹するのを,不満に思っていました。
 

彼女は2cmの腫瘤が左大陰唇の前面にあり,不愉快に感じていましたが,後に陰嚢の残遺物と分かりました。
 

膣入り口は,充分な大きさで,性交が可能と思われました;しかし,右の前方の辺縁に,狭窄性の帯があり,彼女は性交が痛いと訴えました。
 
膣の内径は,2本の指が入り,充分な深さでした,しかし30度左側に曲がっていて,ペニスー膣性交が不可能でした。
 
彼女は再建されたクリトリスと,乳房への刺激で,性的興奮が可能と言いました。
 
*Tanner stage V ,図3 タナー段階(Ⅰ〜Ⅴ)の模式図。
http://merckmanual.jp/mmpej/sec18/ch243/ch243a.html
 
*cremasteric reflex,精巣挙筋反射
http://en.wikipedia.org/wiki/Cremasteric_reflex
ーーーーーーーーーーーーーーー
 

患者は次の事を言いました,男性になりたいと思った事は一度もなく,女性でいる事に多くの利点があると言いました;しかしながら,はっきり分かる男性的興味と,ブルーカラーの職業を行っていました,その仕事はほとんど男性だけが行なう仕事でした。
 

彼女は,両親になる希望がないと言いました。
 

男性的職業と,余暇の興味にも関わらず,女性として面談者に接し,現在の対人関係に関するジレンマを話しました。
 

彼女は以前は,鼻の形が気に入らず,痩せすぎ,背が高すぎるのも,嫌いだと言っていました,しかし,今や,体の悩みは,彼女に性器でした。
 

それは,性交を可能にするのを,妨げると言いました。
 

彼女の障害のキンゼイ・スケール*(7点評価,0=排他的の異性愛,6=排他的に同性愛)に於いて,ファンタジーは5(主に女性に性的に惹かれる),実際の行動は3(男性と女性で,同等の性的経験がある)でした。
 

彼女自身の,性同一性の記述は,「両性愛」でした。
 

*キンゼイ・スケール
http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-403.html
ーーーーーーーーーーーーーー
 

不幸にも,最も最近の手術の後に,直腸ー膣瘻ができてしまいました。
 

手術から数ヶ月で,患者は男性パートナーと,彼女の身体問題以外の理由で別れました。
 

患者の術後の合併症は,産科医,アビノアムによって,モニターされました,患者は新しいパートナー(女性)と,レズビアンの関係で,現在暮らしていると,アビノアムに報告しました。
 
 

 

生後2月でペニス焼却,7月で性別適合,女性として養育フォロー:症例報告2 

生後2月でペニス焼却,7月で性別適合,女性として養育フォロー:症例報告2
 
Experiment of nurture: ablatio penis at 2 months, sex reassignment at 7 months, and a psychosexual follow-up in young adulthood.
養育の実験:生後2ヶ月でペニスが焼却事故,7ヶ月で性別適合,若い成人期までの心理社会的フォローアップ
生後2月でペニス焼却,7月で性別適合,女性として養育フォロー(短縮タイトル)
 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9651461
 
http://pediatrics.aappublications.org/content/102/1/e9.full.pdf+html フル
http://www.pediatrics.org/cgi/content/full/102/1/e9
 
Pediatrics. 1998 Jul;102(1):e9.
 
Bradley SJ1, Oliver GD, Chernick AB, Zucker KJ.
 
要約1 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-539.html
要約2 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-541.html
要約3  http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-542.html
症例報告1 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-543.html
 

症例報告2(抄訳)
 
患者は11歳の誕生日の2ヶ月前から,女性ホルモン(プレマリン)を始め,現在まで続けています。
 
患者は12歳の時,割礼とペニス焼却の話を聞きました,それは,母に,何か具合の悪い事が起きたのと聞いたからです。
 
患者が16歳の時,母親とインタビューしましたが,患者は最初の手術の後に残ったペニスの茎が,シャワーや,水泳の時に勃起してしまうと,話ました,それは水着を着る時,困難になりました。
 
16歳の時,患者は,自分の外性器が,他の少女とも,少年とも,正確には違うと言いました。
ーーーーーーーーーーーーー
 
16歳で会った時,患者は膣形成術の為,入院していました。
 
その時,彼女はジェンダーアイデンティティについて少しも懸念はなく,性器の修復を進めて男性との性交に相応しいようにして欲しいと明らかに望みました。
ーーーーーーーーーーーーーー
 
26歳で,患者は更なる膣形成術の為,病院に再度入院しました。
 
彼女は以前の手術の後,性交が困難で,それは膣の入り口が小さすぎると言いました。
 
2番目の手術時,彼女は男性と関係があり,性交ができる事を望んでいました。
 
彼女は3回の,重大な女性との関係があったとも話しました。
 
彼女は,女性の方が男性より,身体的に魅力的であると気づいたと言いました,とくに裸の時です。
 
それに対し,男性の性器は「おかしい,ファニー」と思ったけど;しかし,彼が服を着ていたり,下着を着ていれば,より性的に魅力的に思いました。
 
女性との3回の関係に加えて,彼女は3回の性的関係を男性と持ちました。
 
男性と,より良い関係は,共通の興味が男性にあった場合でした(例,彼女に職業における),そして,彼らとのオープンな関係が在った時もです。
 
しかしながら,女性との方が性的に上手く行くと感じました。
 
現在の男性のパートナーとの関係では,彼が彼女の事を知ったら,明らかに理解不能なので,驚かして拒絶してしまうと,言いました。
 
彼女の側の,すげない断わりにも関わらず,彼らは上手く行っているようで,彼が実際,彼女を受け入れ,彼女自身であるが好きだと,悟り始めました。



生後2月でペニス焼却,7月で性別適合,女性として養育フォロー:症例報告1 

生後2月でペニス焼却,7月で性別適合,女性として養育フォロー:症例報告 1
 
Experiment of nurture: ablatio penis at 2 months, sex reassignment at 7 months, and a psychosexual follow-up in young adulthood.
養育の実験:生後2ヶ月でペニスが焼却事故,7ヶ月で性別適合,若い成人期までの心理社会的フォローアップ
生後2月でペニス焼却,7月で性別適合,女性として養育フォロー(短縮タイトル)
 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9651461
 
http://pediatrics.aappublications.org/content/102/1/e9.full.pdf+html フル
http://www.pediatrics.org/cgi/content/full/102/1/e9
 
Pediatrics. 1998 Jul;102(1):e9.
 
Bradley SJ1, Oliver GD, Chernick AB, Zucker KJ.
 
要約1 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-539.html
要約2 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-541.html
要約3  http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-542.html
 
症例報告1(抄訳)
 
患者は,染色体46XYの男性でした。
 
2ヶ月で電気メスにより割礼を,行なった時,患者は陰茎全体の重症な火傷を負い,ペニスは結果的に落ちてしまいました。
 
それから患者は,尿道から排尿できず,恥骨上尿道口を作りました。
 
それから,患者は手術の合併症で7ヶ月の時入院し,ジョン・ホプキンス大学病院に紹介され,残っていたペニスと精巣を切除しました。
 
恥骨上尿道口は,結局閉鎖し,患者は尿道から排尿できるようになりました。
 
割礼事故から,上記の入院の間に,患者を女児に再適合させ,育てる決定がなされました。
 
その事は,ジョン・ホプキンス大学病院の記録に乳児は女児とされている事からわかります。
ーーーーーーーーーーーーーーー
 
患者は2回時期,精神科医(スーザン)によってインタビューされました:16歳で入院した時2回と,26歳追加の手術の時でした。
 
患者が16歳の時,彼女の母親もインタビューしました。
 
26歳の時,患者は産婦人科医「ギリアン」に評価され,独立して数ヶ月後,産科医「アビノアム」に評価されました。
ーーーーーーーーーーー
 
16歳と26歳で,患者は社会的に女性として生活していました。
 
彼女は,女性であることに,不確実に感じた事はないと述べました,そして思い出せる限りそうで,女性でいる事に性別違和を感じた事はないと,言いました。
 
実際,著者の内インタビューした3人(スーザン,ギリアン,アビノアム)は,彼女は女性として暮らして快適であると,一致の意見でした。
 
しかし,子供時代は,自分は「お転婆」として自認し,典型的な男児の玩具やゲームを楽しみました
 
しかし,患者は異性装や,その他の形で男児として見られる活動はしませんでした,彼女の好きな遊び友だちはふつう女子で,一番の親友は常に女子でしたと,回想しました。
ーーーーーーーーーーーーーー
 
患者の母親に対する認識は,「事実に即した」人という認識でした,彼女は女児に育てるのが必要と言われれば,そうする人でした。
 
患者は,この局面で,私は母と似ていると示唆しました,多くの不運があったにも関わらず,彼女は人生を生きなければならないと決定する人で,彼女は心配したり,強迫観念を抱かないのでした。
ーーーーーーーーーーーーーーー
 
患者の出生前に,両親は長く続いた結婚問題があり,アビノアムのコンサルトを受けました。
 
患者の認識では,部分的には両親の結婚を救おうとする試みでした;しかし,結局,両親は,患者が約3-4歳で離婚しました,その理由は父親のアルコール依存症と,失った息子と暮らす事の困難です,それは母親の場合対処しやすかったようです。
 
数年後,彼女の母は再婚し,患者は義父と良い関係をえました,しかし彼の飲酒と,彼女の母との関係に少し懸念がありました。



生後2月でペニス焼却,7月で性別適合,女性として養育フォロー:要約3 

生後2月でペニス焼却,7月で性別適合,女性として養育フォロー:要約3
 
Experiment of nurture: ablatio penis at 2 months, sex reassignment at 7 months, and a psychosexual follow-up in young adulthood.
養育の実験:生後2ヶ月でペニスが焼却事故,7ヶ月で性別適合,若い成人期までの心理社会的フォローアップ
生後2月でペニス焼却,7月で性別適合,女性として養育フォロー(短縮タイトル)
 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9651461
 
http://pediatrics.aappublications.org/content/102/1/e9.full.pdf+html フル
http://www.pediatrics.org/cgi/content/full/102/1/e9
 
Pediatrics. 1998 Jul;102(1):e9.
 
Bradley SJ1, Oliver GD, Chernick AB, Zucker KJ.
 
要約1 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-539.html
要約2 http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-541.html
 
要約3
 
心理・性的発達は,私たちの患者と,以前の報告の患者で,似ているところと,異なる点がありました。
 
私たちの患者は,女性のジェンダー・アイデンティティを分化させました;それに対して,もう1人の患者は,女性として暮し,著しい違和感を感じた後,男性のジェンダー・アイデンティ獲得しました,それは思春期初めの頃でした。
 
26歳のインタビュー時,私たちの患者は男性と一緒に暮らしてましたが,その後別れて,新しい関係を持ちました;もう1人の患者は,女性と結婚しました。
 
私たちの患者は「両性愛」の性自認でしたが;もう1人の患者は「異性愛」の性自認でした。
 
2人の患者は,「お転婆」の小児期の既往がある点で似ていました。
 
私たちの患者は主に性的に女性に惹かれました;もう1人の患者は,女性にしか性的に惹かれませんでした。
 
私たちの患者は性経験が女性と男性の両方にありました;もう1人の患者の,性体験は女性のみでした。
------------------
 
私たちの患者が女性のジェンダー・アイデンティティの分化して最もありそうな説明は,7ヶ月頃からの女児として育てられて,正常な出生前の男性の生物学の仮定される影響を,覆したのでしょう。
------------------
 
乳児の焼却ペニスの症例は非常に稀で,長期間フォローデータも殆どありません,したがって,私たちの患者と,以前の患者のどちらが典型的心理・性的結果か知る事が,たくさんの症例での場合,出来ません。
 
しかし,私たちの症例は,生物学的に「正常な」男性に,女性のジェンダー・アイデンティティを分化させる事が可能である事を示唆します。 
 
現在のところ,臨床的文献は,深刻に分かれています,つまり乳児期にペニスを外傷で失った症例の最良のマネージメントについてです。
 
更なる研究が,明らかな決断に必要です,罹患した患児の,心理社会的,心理・性的の最適モデルの決断についてです。
 
「私論」
「ダイアモンドの報告した症例と,逆に生物学的男児を女児に再適合できた症例です。
ただ子供時代の「お転婆」な行動,非典型的な性指向「女性>男性」は,気になる点です。
その後に,性自認が男性にならないか,揺らがないか,興味があります。
でも,非常によく記述されています。
ーーーーーーーーーーーーーー
 
参考
J. マネー
乳児期の男児から女児への性別適合:要約
http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-537.html
 
M..ダイアモンド
出生時の性別再適合:長期の経過と臨床へ示唆:要約
http://morisitaazami.blog.fc2.com/blog-entry-538.html
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。